SEの仕事と活躍できる領域

SEの求人を見る際は、どのような領域の仕事なのかを確認してから、応募するかどうかを決めることが大事だ。
SEとして活躍できる仕事の領域は、非常に幅広い。未経験でもチャレンジしやすい領域もあれば、ある程度の経験がなければ仕事をこなすのが難しい領域もある。経験を積むにつれ、活躍できる領域の幅が広がるのが、SEの仕事の特徴だ。
経験が少なくても活躍できる可能性があるのが、保守や運用の領域だ。この領域のSEは、主にネットワークやシステムの状態を管理する。保守や運用はチームで業務を行うことが多いため、新人のSEでもほかの社員のフォローを受けながら活躍することができる。

ある程度のスキルが身についているSEは、インフラ構築の領域でも活躍することが可能だ。
この領域で働くSEには、ITのスキルと併せてコミュニケーションスキルが求められる。クライアントの要望に合わせてネットワーク環境を築くインフラ構築のSEは、コンサルティング業務も担うことがあるためだ。
SEとして経験を積んだ人は、システムを構築して完成させるシステム開発の領域でも活躍できるようになる。この領域のSEは、プロジェクトを完成させるごとに自信がつくことが多い。

インフラ構築やシステム開発で実績がある人は、プロジェクトマネージャーなどの管理職として活躍できる可能性もでてくる。キャリアがあるSEは、ITコンサルタントなどの新たな領域の仕事で活躍するケースも多い。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930