SEの主な仕事と必要なスキル

SEの基本的な仕事は、新しく作成するソフトウェアの設計を行うことだ。
具体的な作業工程は、クライアントの依頼を聞き、システム開発の全容を決める要件定義から始まる。仕事内容には、依頼された業務内容を理解し、最適な動作環境を選ぶことも含まれる。
基本設計では、データベースや外部との連携など、システム全体に必要な機能の選定を行う。そして、プログラマに依頼するための詳細な設計書を作成する。
次の作業工程のプログラミングは、プログラマーに頼むことが多い。
プログラムが完成したら、SEが各パーツのテストを行い、その後システム全体の結合テストを行う。システム完成後は、システムの運用と運用開始後のトラブル処理やメンテナンスなどの保守作業を担当する。

SEに必要なスキルとしてまず挙げられるのが、コミュニケーション能力だ。
システム開発は、多くの人々の力によって作り上げる仕事だ。クライアントからの要望を正しく聞き取り、実際の作業を行う人に正確に伝達する、折衝力が大切だ。
もちろん、専門スキルも求められる。
プログラミングはプログラマーに任せるとは言っても、SEにもプログラミングの知識を中心としたITスキルは必須だ。基本・最新を問わず、ネットワークやセキュリティなどについて理解しておくだけでなく、開発するシステムの業務内容に関する知識も有しておくべきだ。
管理能力も重要だ。
プロジェクトを総合的に管理するポジションとしてプロジェクトマネージャーがいるが、SEにもメンバー調整や工程管理などの能力が求められる。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031